キャビテーション・痩身エステ徹底解剖

「キャビテーション」とは?効果、即効性、痛みは?料金と施術時間、通う頻度はどれくらい?

最近話題になっているこの"キャビテーション"というエステですが、これは一体どんなものなんでしょうか☆(*´∀`*)

キャビテーションとは、もともとは「空洞現象」といって液体の中の圧力の差によって泡の発生と消滅が起きる、科学的な用語としても使われています。


エステにおける"キャビテーション"とは、このキャビテーションの原理を利用して、脂肪に超音波を当てることで、脂肪との間に空洞現象を起こすことによって、固くなってしまった脂肪を溶かして、その溶かした脂肪をリンパから流すことで、脂肪を除去してしまう方法です。

脂肪そのものを除去してしまう事ができるため、一般的なダイエットや痩身エステではなかなか痩せられなかった人や、脂肪が固くなってセルライトになってしまった人にも、とってもオススメな方法なんです。

キャビテーションが、"切らない脂肪吸引"と呼ばれているのは、この仕組によるものだったんですね。




しかし、ただ単にキャビテーションによって脂肪を溶かすだけではなく、分解して溶かした脂肪をリンパに流すことがカギとなってきます。
ただ分解しただけではなくその脂肪を体外へ排出してこそ、痩せることに繋がるということです。

ちなみに、キャビテーションのエステサロンの選び方についてはこちらのページキャビテーションの失敗しないエステサロンの選び方で解説しています。


キャビテーションのスゴいところ!


キャビテーションのスゴいところは、部分痩せが可能だということです。

例えば、普通ダイエットをすると胸など減ってほしくない部分から脂肪が減っていってしまったりしませんか?
私も過去に、「減って欲しいのはお腹とか太ももなんだけどな・・・」と思ったことがあります。

キャビテーションなら、二の腕やお腹、お尻、太ももなど、お肉がつきやすい部分の脂肪に直接作用させることができます。

ピンポイントに部分痩せが可能ですし、女性が特に気になりがちな、脂肪が分厚く付いている部分にこそ効果を発揮してくれるそうです。



また、具体的な効果としてキャビテーションをしてから脂肪が排出される期間が、3日から4日間も続くため、この間は"痩せやすい期間"とも言えます。

この間に、自宅でのホームケアを積極的に取り入れると、さらにキャビテーションによる効果が見込めるそうです。


キャビテーションの痛みはあるの?


女性の永遠の悩みとも言える「落ちない脂肪」を落としてくれそうな"キャビテーション"ですが、"切らない脂肪吸引"と呼ばれているだけあって、施術はとっても痛いんでしょうか。ガ━━(;゚Д゚)━━ン!

キャビテーションは、私もこれまで何度も体験したことがあるんですが、確実に言えるのは"全く痛くも辛くもないこと"です。




キャビテーションは専用の機械を使用するんですが、キャビテーションの機械をお肌に当てる前後に、エステサロンごとに温熱系や脂肪燃焼系のメニューが組み込まれています。

温熱系や脂肪燃焼系メニューとは、ゲルママットやハンドトリートメントなどで、これによりキャビテーションでの効果を促進すると言われています。

これらがセットになってキャビテーションのコースになっているエステサロンがほとんどですが、私が通っていたエステサロンでは、何よりもハンドマッサージが痛かったですね。(笑)


キャビテーション自体は、ほんのり暖かくなるような感じだけで、痛みもキツさも何も感じませんでした。

実際、美容整形などで行われるような脂肪吸引とは全く別物ですので、キャビテーションは体をメスで切ることなども当然ありません。
脂肪吸引とキャビテーションとの比較については、こちらのページ切らない脂肪吸引「キャビテーション」VS美容整形で切る「脂肪吸引」との比較!メリット&デメリットで解説しています。


キャビテーションエステは、痛みはありませんので、安心して受けてきてくださいね。


キャビテーションは、即効性があるの?


キャビテーションのエステは、脂肪そのものを溶かす力があるとお話しました。
そこで気になるのは、キャビテーションの"即効性"ですよね。

キャビテーションは、たった1回の施術でも効果を実感する人がいるほどなんです!
口コミなどでもキャビテーションの即効性はかなり知られていて、「○日までに痩せたい」など、痩せたい期日が迫っている人にもおすすめ。

例えば、今年の夏は水着を着たいから夏までに痩せたい!とか、結婚式(ブライダル)でウェディングドレスを着るまで!などが目的の方にも、キャビテーションは救世主となりえるんじゃないでしょうか☆(*´∀`*)


キャビテーションは、どれくらいの頻度で通うのがベスト?


キャビテーションは、かなり即効性のあるダイエットだと言っても過言ではないと思います。

やはり自分が目指しているようなボディラインになりたいなら、やはり週に1度のペースでキャビテーションを受けるのがベストだと思います。

先ほどもお話しましたが、キャビテーションは施術を受けてから3日から4日は痩せやすい状態が続きます。


そのため、週に1度キャビテーションエステを受けて、そのあとは自宅で自分で脂肪が燃えやすいホームケアを行う、という感じですね。
キャビテーションのあとに行うべきホームケアは、こちらキャビテーションと合わせて効果倍増?!自宅で出来る食事、運動で解説していますので参考にしてください。


キャビテーションの施術時間と初回体験料金


キャビテーションの施術時間は、エステサロンごとで異なり、さらにキャビテーションと合わせてどんな温熱系や脂肪燃焼系のメニューを行うかによっても変わってきます。

目安としては、キャビテーションだけの施術で20分から50分程度で、その他にカウンセリングや採寸、脂肪燃焼系のメニューがありますので、体験コースなどだと入店してからだいたい2時間前後で終了すると思います。


気になる料金ですが、ほとんどのエステサロンで、キャビテーションの本コースの他に、はじめに初回体験コースとして、かなり格安でコース体験を用意しているところがあります。

初めて利用する場合のキャビテーションの体験コースだと、だいたい一番お安いサロンで「キレイサローネ」の500円、そして「たかの友梨」や「スリムビューティーハウス」は3.000円、「ラ・パルレ」や「シーズ・ラボ」で5.000円といった感じです。



キャビテーションエステサロンの選び方についてはこちらキャビテーションの失敗しないエステサロンの選び方へどうぞ。


体験料金を一番安く済ませたいのであれば、やはり「キレイサローネ」が一番オススメです☆

キャビテーションを受けたことがない人にとっても、体験料金は安ければ安い方が始めやすいですもんね。
キレイサローネについては、こちらのページキレイサローネで詳しく紹介しています。


キャビテーションの体験終了後の通常料金は?


初回体験料金は、通常のコース料金よりお安く設定されている場合がほとんどなんですが、初回体験料金の通常コース料金について解説します。

キャビテーションエステのサロンを事前に調べて、例えば「もう絶対ここに通う!」と本命サロンを決めていたとしても、いきなり本コースの契約をするのではなく、ほとんどの人が体験コースを受けてから通常のコースを受けます。


エステサロンにカンセリングに行ったら、絶対に体験コースを受けなければいけないわけでもないですし、初回体験コースを受けたら、必ずしも通常コースを契約しなければならないわけでもありません。

つまり、初回体験を受けてみて気に入ったら通常コースの利用をすればOKです。(*´∀`*)


そこで、キャビテーションのエステサロンの通常コース料金には、3つのタイプがあります。


(1)月額定額制
月額定額制とは、月額○円と料金が決められていて、週△回や月△回など通える定額制です。
キャビテーションで人気の「キレイサローネ」も、この月額定額制のサロンです。

月額定額制のサロンの良いところは、毎月決まった金額なので予算以上を超えた出費がかからないため、安心して通うことができます。

無駄使いも防ぐことができますし、サボりくせのある人でも習いごとのような感覚で、月額定期的にキャビテーションを受けることができます。


また月額定額制の場合、都度払い料金よりも料金がお安く設定されている場合が多いです。
痩せるまでとにかくとことん通いたい!という人にオススメです。

月額定額制のデメリットは特にありませんが、例えばキャビテーションを受ける時間が定期的にしっかりと取れない人には、月額定額制は向いていないかも知れません。

キャビテーションのエステはそれほど長時間かかるわけではありませんが、仕事の都合上どうしても休みが不規則すぎて見通しがつかない人は、都度払い制でもいいですね。


(2)都度払い制
都度払い制とは、キャビテーションエステに行く度にその都度ごとに毎回料金を支払うものです。
この都度払い制のエステサロンには、「たかの友梨ビューティークリニック」や「ラ・パレル」などがあります。

都度払い制のメリットは、エステに行った時にその時受けたエステの内容に応じてその都度料金を支払うため、時間とお金の都合がついた時に自由にキャビテーションを受けに行くことができます。

仕事が忙しくて、定期的にキャビテーションを受けられるメドがたたない人にも、オススメなんです。


デメリットとしては、(1)月額定額制や(3)有効期限付きの回数制のエステサロンよりも、料金がややお高めに設定されている点です。

また、通い方は完全に自由になってしまうので、強い意志がないとなかなか継続しにくくなり、気が向いた時にたまーに通うくらいでは、痩せた実感もあまり得られない可能性があります。


ですが、こちらも十分にメリットがある通い方で、身体のメンテナンスとして通いたい方にとってもいいですし、いろんなサロンと比較しながら通いたい場合にもおすすめです。


(3)有効期限付きの回数制
有効期限付きの回数制の場合は、たとえば「回数○回の合計□円/有効期限△ヶ月」というプランです。

キャビテーションのエステサロンで、この有効期限付きの回数制があるのは「スリムビューティーハウス」などです。

こういったサロンは、決められた期限内にその回数を消費する通い方で、「だいたいこれくらいのペースで通うのがいいですよ」、などとサロンからもアドバイスがあるところが多いです。

有効期限内であれば、自分の都合に合わせた通い方ができますが、こちらも定期的に通うものなので、仕事などの都合で定期的に通うメドが立たない人だと、「あと○回通えたのに、忙しくて有効期限が過ぎてしまった!」なんてことになりかねません。


でも私のような3日坊主タイプには、通わなきゃ!と背中を押してくれるこういう料金制の方が向いている気がします。(笑)


それぞれにメリットがあり、3つのタイプともこれといって大きなデメリット点はありません。
大事なのは、どの料金タイプなら自分が一番しっかり通いやすいかです。

まずは、気になったサロンに体験に行ってみて、そこで料金タイプの説明を受けてみるといいと思います。(*´∀`*)


<<前の記事「キャビテーションの失敗しないエステサロンの選び方」へ
>>次の記事「「キャビテーション」でダイエット!副作用、リバウンドの可能性は?こんな人は受けられない!」へ


●関連記事
有名エステサロンの痩身エステの種類と特徴!キャビテーションとどっちがいい?
セルライトとは?脂肪との違い、そしてできる仕組みと原因!一度ついたら取れない?!
自宅用(家庭用)キャビテーションの効果は?サロンとの比較/メリット&デメリット







大阪の人気キャビテーションエステ

 

大阪の人気痩身エステ

 

キャビテーション・痩身エステ徹底解剖

 

部位別!痩せる方法は?

 

痩身コラム

 

電気自動車のデメリット