部位別!痩せる方法は?

目指せ足痩せ&細い太もも!簡単ストレッチ&下半身ダイエットに人気のエステはどこ?

このページは足痩せがしたい人、太ももが細くなりたい人に向けたページです。

私は運動部ではなかったですし、学生時代から足が太かったので、もう体操服とか制服とかで足が出るのがすごく嫌でしたし、大人になってからはもう足が出ないファッションばかりしています。(´;ω;`)


夏は海にも当然行けないし、友達が涼しそうなショートパンツを履いていても、私はデニム・・・。
ショートパンツが似合う美脚になりたいっ!(T_T)というのが永久不滅のテーマでした。

もう何というか、太ももとの間に隙間があって、向こう側の景色が見えるような脚は、女性からも憧れますし、男性が好きな女性のパーツでもありますよね。



意外と世の中には脚フェチな男性が多く、ほんとに困りますよね。(笑)
しかし、足って他人からは結構見られているパーツなんですよ。


どうしてみんな同じ人間なのに、なぜここまで足の美しさが違うのでしょうか・・・。(゚Д゚)

そこで、はじめに足が太くなってしまう原因について解説していきたいと思います。


脚が太くなる原因とは?


脚が太くなる原因(1)骨盤のゆがみ
普段の姿勢や歩き方が悪いと、筋肉のつき方も変わってきてむくみやコリに繋がり、見た目も悪くなります。



足がO脚の人は、足の外側の筋肉にだけかなり負担がかかり、足が太くなる原因になります。

また、座ると必ず足を組む人は、足を組むことで足の血管が圧迫され血行が悪くなり、老廃物が足に溜まりやすくなり、これも足を太くする原因です。


脚が太くて悩んでいる人のほとんどは、体の重心がまっすぐではなく、片方の重心が多かったり外側・内側になっています。
姿勢や歩き方が悪いと骨盤が開いてしまい、骨盤が開くことで骨盤周りの筋肉が衰え、代わりに脂肪がつきやすくなってしまいます。


脚が太くなる原因(2)水分の摂り過ぎ
日頃から水分を摂り過ぎていると、足がむくみやすくなるというのは有名なことですね。
実際、水分の摂り過ぎは体にとって必要な成分までも体外に排出してしまいむくみが生まれ、体が冷える原因にもなります。

体が冷えると血管が細くなり、それによってリンパの流れも悪くなり代謝が落ちるため、冷えは足痩せの天敵となります。

家で素足で過ごしている人や、毎日お風呂をシャワーだけで済ませてしまっていると、冷えやすいので注意ですね。


脚が太くなる原因(3)むくみ、脂肪、筋肉
さまざまな要因ですぐに足はむくんでしまいますが、その他にこのむくみは職業柄1日中立って仕事をしている人や、同じ姿勢で長時間過ごす人は、むくみを悪化させてしまいます。

足など下半身だけではなく全体的にぽっちゃりしている人は、そもそもカロリーの摂り過ぎや運動不足により脂肪がつきすぎていることになります。

また、もともとしっかりと筋肉がついていた人も、ライフスタイルが変化したり運動をしなくなったことで、その筋肉が落ちて脂肪がつきやすくなります。


少し前に、「日頃から高いヒールを履くと足が細くなる」と話題になっていましたが、実はそれは間違いです。

ヒールを長い時間履くことで、ふくらはぎが鍛えられて筋肉がゴッソリつき、実はヒールは足を太くしている原因にもなるんです。



モデルさんとかが、雑誌でかわいいヒールを履いてキメていますが、モデルさんたちでさえ、足に筋肉を付け過ぎないように、普段はかかとが低いペッタンコの靴を履いているんですよ。


食べる量もそれほど多くなくカロリーを摂り過ぎていないのに、上半身よりも下半身が太っている人は、筋肉によるものがほとんどだそうです。

そこで、自宅で自分で出来る足痩せのストレッチ・エクササイズを紹介します☆


足痩せ&足太り解消におすすめのストレッチは?


早く足痩せして、大好きな彼に絶対「細くなった」と言わせてやりたいですよね!(#゚Д゚)y

まず、足痩せに最も効果的なのは、「リンパマッサージ」です。
リンパマッサージは、足につまった老廃物や脂肪を押し流してむくみをとったり、冷え対策にもなるだけではなく、自分で今日から手軽に始められます。(*´∀`*)


足痩せのためのリンパマッサージの基本としては、入浴中または入浴直後に行うことです。

理由としては、体が冷えている状態ではリンパの流れも改善しにくく、血流も悪い状態のままですので、体が温まっているときに行うのがオススメなんです。

リンパマッサージの手順としては、足裏、ふくらはぎから膝、太ももの順に行います。
足裏も親指で押しながら刺激して、冷えやすい末端を温めることから始めましょう。


私が昔ヨガに通っているときに、インストラクターの方から冷え性改善にいいと教わったのは、こんな方法です。



とっても簡単ですが、足先などの末端って、血流が悪くなりやすいですし、普段の生活の中で足の指をこれだけ動かすことってなかなかないですから、ぜひやってみてくださいね☆


次にふくらはぎのリンパマッサージについてはこんな感じです。



ふくらはぎのリンパを流したら、そのままヒザ裏へと持って行きましょう。
ヒザ裏には"リンパのゴミ箱"と呼ばれている、リンパ節があるため、老廃物や余分な水分などをこのリンパ節に流すと、むくみがとれやすいと言われています。

下半身のリンパ節は、この通りの場所にあるので、自分でセルフマッサージをするときに参考にしてください☆



リンパのゴミ箱にいらないモノを流して、スッキリほっそり美脚を目指したいですね。


太もももふくらはぎと同じようにマッサージして、足の付け根のリンパ節に流すようにしましょう。

これらのマッサージで気をつけてほしいのは、上から下へと押し流すのではなく、下から上へ行うことです。
入浴中または入浴後にマッサージを行えば、翌朝の足のむくみがかなり軽減されると思いますよ!


また、美脚への道にさらに即効性がほしい人は、脚を集中的にケアしてくれるエステサロンのコースを取り入れてみましょう。

最近は、太もものセルライトを除去する効果があるとして、"キャビテーション"というコースがとっても人気です。
そんなキャビテーションコースを含めて、さっそく紹介していきたいと思います☆(*´∀`*)


足痩せ&美脚にオススメのエステサロンのコースは?


★ラ・パルレ
「スーパー美脚キャビテーション」
ラ・パルレのスーパー美脚キャビテーションのコースは、先ほどお話した話題のキャビテーションが受けられるコースです。

キャビテーションについてはこちらのページ「キャビテーション」とは?効果、即効性、痛みは?料金と施術時間、通う頻度はどれくらい?でも詳しく解説していますが、超音波によって気泡を発生させ、気泡が弾ける時に発する熱を、脂肪に応用したもので、ヒップや太ももなど脂肪が多いパーツに効果的だと言われています。

痛みや副作用もなく、リバンドもしにくいことから、太ももを細くしたいと思っている人には最適なコースですよ。

このラ・パルレのスーパー美脚キャビテーションコースには、キャビテーションの他に発汗を促すヒートマット、脂肪を揉みほぐすセルライトバスター、筋肉運動をサポートするJuJuが含まれており、かなりお得な美脚コースとなっています。

60分の体験で、初回限定で4.000円で受けられます。


ラ・パルレには、このスーパー美脚キャビテーションの他に脚のコースは、「骨盤モデル美脚メソコース」があります。

こちらはヒートマット、セルライトバスター、JuJu、Oレッグというコース内容で初回限定価格で60分の500円となっています。

>>ラ・パルレ「スーパー美脚キャビテーション」公式サイトはこちら<<



★ミス・パリ
「足やせ集中トリートメント」
足やせ集中トリートメントは、お尻、太もも、ひざ、ふくらはぎ、足首など下半身が気になる方におすすめです。

ミス・パリでは、スリムジェルによるオリジナル強擦マッサージ、そして実用新案取得機器「ミリオンウェーブ」のミクロマッサージによって、女性らしいスラッとした脚のラインを目指すせます。

足裏からヒップラインまで重点的にケアしてもらえます。
これだけの内容で、お試し体験フルコースで5.000円なので、一度はミス・パリのコースを体験したいですね!

>>ミス・パリ公式サイトはこちら<<



★たかの友梨ビューティクリニック
「美脚造形」
こちらの美脚造形コースは、足裏から両脚、ヒップの下半身全体を、たかの友梨のプロによるハンドトリートメントのコースです。

たかの友梨では、この美脚造形コースの他に「TAKANO式キャビボディコース」、「骨盤美脚コース」、「ミラクル」、「香りのリンパドレナージュ」などで、足のケアが受けられます。

>>たかの友梨ビューティクリニック公式サイトはこちら<<




<<前の記事「即効でお尻痩せしたい!ヒップのダイエットに効果的なストレッチ&エステは何がいい?」へ
>>次の記事「私の実体験から、ブライダルエステは必要?結婚式前にエステを受けるメリット&デメリットとは!」へ


●関連記事
切らない脂肪吸引「キャビテーション」VS美容整形で切る「脂肪吸引」との比較!メリット&デメリット
有名エステサロンの痩身エステの種類と特徴!キャビテーションとどっちがいい?
セルライトとは?脂肪との違い、そしてできる仕組みと原因!一度ついたら取れない?!






大阪の人気キャビテーションエステ

 

大阪の人気痩身エステ

 

キャビテーション・痩身エステ徹底解剖

 

部位別!痩せる方法は?

 

痩身コラム

 

電気自動車のデメリット